どーも、杏鯖のろらだよ!  Maple妄℃学園は    毎日が新企画!?    右の「menu」からいろいろな企画が読めちゃうぞ!
by ロラ
僕はどこまで走れたのだろう
こんばんは、明日は朝が早いけど、涼子さんのブログのおまけ努力編を見ていたら、
変無性にブログを書きたくなったので書くことにした
明日の朝は気分最悪なんだろうな。。。まあ、よしとしよう

普段は、メイプル以外のことは書かないようにしてるけど
今日だけは、特別書くことにしようと思う
______________________________________

今日は、8月1日だ
一昨年までは、ただの8月1日だった
だけど、昨年からはただの8月1日ではなくなっていた

あれから1年たった
僕が日本を走ってから
ちょうど1年前、僕は期待と不安、そしてそわそわしながら出発した

僕はどこまで走れるのだろうと思いながら。。。

あの夏の1ヶ月は夢のような体験だった
日本という国をこの目で見てた
その土地の風を肌で感じた
たくさんの人に出合った
たくさんの人に応援してもらった

1ヶ月間、本当に毎日が濃く
いまでも、ついこないだ走ったかのように思い出す
こんなにも1日1日が楽しく、そして新鮮に感じたのはこれが初めてだった
まるで、RPGの主人公になった気分だった

毎日、明るく、楽しく暮らそう
そう思っているんだけど、
眠い朝は、気分が悪かったり
雨が降ってて、外で炊く無かったり
やるくとがたまっていて、追われるように作業している
メイプルも私の中では一種の作業になってるかもしれない

1年前のことを思い出す
その行為が、なんだか未練たらしく感じる
あの時は、よかった。なんて、言いたくはないけども
そう言いそうになるし、言っちゃうこともある
今は今のよさがあるんだけどもね

何もかも自分の部屋へおき、何も背負わないで乗る自転車はとても軽快だった

自転車で日本縦断
きっかけは、ハチミツとクローバーの漫画
漫画を見て、自分でも自転車で走れないだろうか?と思い挑戦した
ゴールにつけなくても良かった
ただ、やりたいと思ったことを、やめたくなかった
自分の気持ちに素直になりたかった
やればできるだろうと、自己完結もしたくなかった
やってみないとわからない

ハチミツとクローバーを見て、やりたいと思ったから、やった
そう言うと、みんな、笑う
でも、不快じゃない
みんなが笑うのんびは、悪意は無いから
そうやって笑ってくれた方が、こっちも嬉しい
笑顔はあったほうがいい

そんなハチクロを読んで、走り始めた私だけども
そのハチクロを読み出したのも、私が好きな歌手のYUKIちゃんが主題歌だったからだ
YUKIちゃんには感謝している
あなたのおかげで、とてもすばらしい作品に出会えたのだから

YUKIちゃんにはもう1つ感謝していることがある
それは、YUKIちゃんの5周年記念の好きな曲へコメントする企画で、
ファンクラブの会報に、私が自転車の旅で感じたことを書いたコメントが紹介されたことだ
内容を紹介する
___________________________________

好きな曲 ハローグッバイ

僕は今年の夏に1ヶ月かけて自転車で日本縦断をしました
理由は些細なことでハチクロの竹本君がきっかけです
旅は出会いと別れの繰り返しですが、一つ一つの出会いがとても素晴らしかったです
人と出会うことで力を貰い、前に進むことができ
また人と出会うことで前に進めました
僕が見てきた日本はとても心の温かい人でいっぱいでした
この旅で出会った人たちにまた会いたいですね

旅の途中、ハローグッバイを聞き、歌詞が心にすごく素直に染み込みんで来ました
本当に歌の通りだと思い、感動しました

自転車の旅は終わりましたが、心に唄う一本道はまだまだ続くのでゆらゆらと歩こうと思います
その一本道にはまたたくさんの素晴らしい出会いが待っていると思うので
__________________________________

旅の終盤、MP3プレーヤーでふとYUKIのハローグッバイを聞いたときのことだ
「私が見てきたすべてのこと 無駄じゃないよと君に言って欲しい 
人は誰かと関わる ハローグッバイ ちからみなぎるよ わなわなと」
この歌詞がすごく心に響いた
旅を通じ、応援してくれる人への感謝の気持ちが本当にわかった
応援は本当に自分の力になる

そして、YUKIちゃんに選んでもらったことで、
自分のたびが無駄ではなかったといってもらえて気がして、嬉しかった

旅の話に戻ろう、まだまだ続くよ
君は最後まで読めるだろうかm9(^-^)

毎日7,8時間走っていた、一人で黙々と進むだけだった
はじめは、はじめての景色を見て、楽しかった
でも、次第に景色もあまり変わらないように感じていた
実際、通る道は山の中とかで
ちょっと人がいるところに行くと、畑が広がっているようなところばかりだった
街中は、人が多いので、さくっと通り過ぎたかった

走り出した当初は、わくわく楽しんでいたが、
次第に、何かにおわれるかのように、毎日の距離を稼いでいた
走っているときも、はじめはいろいろ考えていた
歌いながら走ることも多かったと思う
でも、それも続かず、考えることをやめ、歌もずっと同じ曲のループだった

実際に、走っているときはそんな感じだった
ただ、一人で走っているだけでは、モチベーションも持たなかったと思う

だけど、毎日のように、ブログにコメントをもらい、
朝、それをみて、今日もがんばるぞ!とやる気が出たり
走ってる途中で、知らない人に、応援してもらったり
同じ自転車やバイクの人と手で軽く挨拶したり
そんな、なにげないこと、だけどもとても大切なこと
それがあったから、頑張れたし、頑張ろうとも思った

途中辛いこともあった
書き出したらきりが無いけど、書いてみる

1日目からのパンク
3日目にして日焼けでぐちゅぐちゅ
ひざが痛くなる
山道がきつくて、前に進めない
へんな人がいて、野宿できない
コンビの商品が高い(北海道はセイコーマートってコンビニがあって、スーパーより安い)
最後の最後で、自転車ご臨終

あれ?こんなものなのか
書き出してみたけど、印象に残っているのはあんまりなかった

いいことはいっぱいある

1日目のパンク後にタクシー乗ったんだけど、半額にしてくれた
コンビに前で座ってたら、きれいなお姉さんに抹茶カフェもらった^^
岩手でとてもいい思いをさせてもらった^^
ひざ痛くなったけど、足の位置変えたら平気になった
山を上れば、必ずくだりがある
野宿できなかったけど、ユースホテルでいい人に出会えた
毎日ブログを通じて応援が嬉しかった
いろんな人が応援してくれた
自転車壊れたけど、そのおかげでまた素敵な出会いがあった

もっと、もっといっぱいある
1ヶ月×5くらいのかずがあるんだけど、このくらいにしておく

そうそう、良かったことといえば、
30日の間に、雨は1日だけだった

だらだらブログを書くのって、好きなんだ
こうね、まとまりの無い、ただ書きたいことを思いついたまま書くのがすき
最初に書こうとしたことすらわかんなくなってくる
タイトルから随分かけ離れた内容になることなんていっぱいある

今日書きたかったことをこれから少し書いてみる
いままでのは全部ただの、思い出話、前振りだ

1年前の充実感が、もうこのさき得ることが出来るのかな?って思うようになってしまった
今年の夏休みは、8月中は研究に力を入れようと思う
この研究なんだけど、大して興味もない
だけど、はじめたからには最後までやるっていうのが自分の中の信条

9月には2週間くらいやすみがとれる
だけども、何をやろうかがなかなか決まらない
決める、決まらないとか言っている時点でだめなような気もする
やりたいことをやることが1番なんだけども、コレと思うものが無い
なんか、なにかやらないといけないのではないかという気持ちになってしまっている

私は今年で卒業なので、長期で休める最後の夏休み

やらないといけない、そう思っている自分がいるのがなんだか嫌だな
やりたいことは、自然に浮かんだり、思いついたりするものだよね
その点で、なにか間違っていたのかもしれない

これを書きながら、気づけた

私は、昨年の旅を大きいものと位置づけしすぎているのかもしれない
実際、私にとってはとても大切で貴重な経験だった
多くのことに気づけ、学べた、自信にもなった
とても価値のある旅だった

あの旅で、僕はどこまで走れたのか

日本を自分の足を使って、走りぬいた夏の思い出
たくさんの一期一会
あのたびで出会った人たちは、今何をしているんだろうか
みんな元気でいてくれたら嬉しいな

出会えたすべての人たちに、また会いたいね

寝れない夜、外は雨が降っている
部屋の中はおかげで蒸している
ジュディマリを聴きながら、ブログを書く
明日は起きれるかなと心配をする
そんな8月1日の深夜4時ごろ

あ、3時間くらいしか寝れないや
e0107543_354511.jpg

[PR]
by ロラ by hatukoi_mode | 2008-08-01 03:54 | maple日記
<< ヒーローソロビシャス(Lv.156) | TOPに戻る | ぼぶぼぶぼぶ >>